リンクスメイト(LinksMate)にauからの乗り換え検証と特典紹介

グラブルに傾倒しすぎて、グラブルの特典がもらえるという香りに誘われるがまま、スマートフォンの通信会社を大手KDDIからLinksMate(リンクスメイト)に乗り換えた。
初めての格安MVNOだったので不安もあったが、実際に快適に使えているので紹介する。

LinksMateとは

前述のとおり格安SIMカードを提供する通信サービス。
運営会社はLogicLinksで、関連会社にはCygamesとサイバーエージェントがある。
役員・経営陣を見ても一目瞭然。仕掛けているのはCygamesとみて間違いないだろう。

通信速度は問題ないのか

格安MVNOのネックとなってしまうのは、やはり通信速度。
いわゆる「安くて遅く少ない通信」が一般的な格安MVNOに抱くイメージだろう。
昼間の街中ではほとんど使えない、なんていう声を聞いたことがあり、自分もいままで3大キャリアを利用していたのは、ほぼこれが理由だ。

さて、結論からいうと、LinksMateの通信はauと遜色ない。
まったく違いが分からない。大げさではなく。ほんとうに。

実際に数字でみてみよう。
LinksMateはサイトで通信速度を常に公開している。
2018年8月20日23時24分現在では、以下のようになっていた。

下り最大値 16.53Mbps
上り最大値 12.99Mbps

※下りはダウンロード速度、上りはアップロード速度

あくまでも最大値なので、他との比較は実際に比較しているサイトを参考に判断してもらいたい。

18社の比較で、LinksMateは下り2位、上り1位と非常に早いことがわかる。
自分も土日の昼間に街中で使用してみたが、前述の通りauとの差は体感できなかった。
UQモバイルのような、より早いMVNOがあるとはいえ、通信速度がネックにはなっていないことがわかった。

LinksMateのプライオリティ

一般的な格安MVNOのデメリットがLinksMateには存在しないことがわかったところで、次はメリットの話にいこう。
格安MVNOの特徴はその名の通り「価格優位性」だ。
自分はau契約時は機種代も含め月々1万円前後の料金がかかっていたが、格安MVNOは1,000円/月未満の料金で利用できるサービスも少なくはない。
しかし、自分は現在LinksMateで3,600円/月の料金がかかっている。
auに比べれば破格だが、世間がイメージする格安MVNOの費用感と比較すると決して安くはないだろう。
つまり、LinksMateのプライオリティは価格安ではないのだ。

LinksMateの特徴は、大きくは2つ。
公式ページでは3つと謳っているが、この際そのうちの一つ料金オプションには触れない。
というより、通信速度こそ大きな特徴の一つだと思っている。

カウントフリーオプション
特定のアプリやメディアを使用する際の通信料が90%以上カウントされなくなるオプション。
かんたんに言うと、グラブルで月10Gの通信をしても、1Gとみなされるわけだ。
常にWi-Fi環境にないなどのユーザーであればとても有用なオプション。

対象となるサービスは、Cygamesの提供するグラブルやシャドウバース、サイバーエージェントの提供するamebaTV。
他にも音楽ストリーミングサービスのAWA、バンナムやDMM.comの一部ゲーム、Twitterやinstagramなど、誰かしらの何かしらの需要には応えられているラインナップだ。
対象タイトル・サービスすべて含めて月額500円のオプションなので、とてもリーズナブル。

ただ、自分は外出時以外は基本的にWi-Fiの加護を受けているため、特別に魅力的かと言われるとそこまでではない。
しかし、こちらのオプションは利用している。理由は次に紹介するオプションを使用するためだ。

ゲーム連携特典
本命はこちら。この特典のために乗り換えたと冒頭から言っている。
Cygamesの提供する3つのタイトル「グランブルーファンタジー」、「シャドウバース」、「プリンセスコネクト」のゲーム内アイテムなどがもらえるサービスだ。
料金プランによって連携できるタイトルの数は変わるが、10Gプランで3タイトルすべて連携できる。

もらえる特典は3種類で、初回連携時にもらえるもの、月々もらえるもの、一定月数の利用でもらえるものとなっている。
実際に、どんなものがもらえるのか紹介したい。

グラブル連携時特典

SSRの土属性キャラクター「メドゥーサ」がもらえる。
連携しただけでだ。
連携の条件は、LinksMateのSIM利用とカウントフリーオプションなので、1Gプランで契約すれば合計1,000円で入手可能。
グラブルの、好きなキャラクターと交換できるゲーム内アイテム「サプライズチケット」が3,000円だということを考えると、安い。

……とはいえ、別に強いキャラクターではない。アビ1の命中率が低い。最終上限解放に期待したい。
さらに、実際は手数料等もかかるので、1,000円というわけにはいかない。

毎月もらえる利用特典
5G以上のプランから、毎月プレゼントがもらえる。
自分は10Gプランなので、月が替わるごとに下記のアイテムがもらえるのだ。

  • エリクシールハーフ(行動力回復アイテムA) 10個
  • ソウルシード(行動力回復アイテムB) 10個
  • リンクスガチャチケット 3枚
  • ルピ(ゲーム内通貨) 25,000ルピ

半汁(エリクシールハーフ)がもらえるだけでとてもうれしい。
ちなみに30Gプランだと30個/月もらえる。これがどれほどすごいことは、騎空士のみんなならわかるはずだ。古戦場から逃げるな。

貯まるともらえるスタープレゼント
10G以上のプランで契約すると、毎月一つ、スターというものが溜まる。スターを6個集める=半年に1度だけもらえるプレゼントがある。
次の中から選べる。

  • ヒヒイロカネ 1個
  • 金剛晶 1個
  • リンクス交換チケット 1枚

ヒヒイロカネだぞ。
最近はサイドストーリーでの十天衆登場が増え、仲間にしたいメンバーが増えた騎空士も多いのでは? でも、ヒヒイロカネが足りないのでは?
つまり、すごいアイテムなんだ。

ちなみにリンクス交換チケットとはサプライズチケットのようなもの。下の説明を見るに、サプライズチケットよりも交換対象が広そうだ。

“ゲーム内で【リンクス交換チケット】とゲーム内に登場する武器や召喚石と交換することができます。
ラインナップには季節限定やすでに手に入らなかった装備品も!詳しいラインナップは2017年7月1日以降にゲーム内をご確認ください。”

シャドウバースの場合
連携時は、好きなカードをプレミアム化できるプレミアムオーブを3つ、スリーブ、エンブレムがもらえる。
毎月の利用特典はレッドエーテルで、10Gなら2,500個/月だ。
スタープレゼントは好きなプレミアムレジェンドカードを3枚。ラインナップはほぼすべてレジェンドカードのようで、最新第9弾パックBoSも対象だ。

iPhoneユーザーは気をつけたいこと

自分はiPhoneユーザーだったので、特典の受け取りにネックが発生している。
iPhoneXの利用自体は問題なく、SIMロック解除することで普通に使用できている。
だが、app storeの規約のため、iPhoneアプリでは上記の特典は一切受け取ることができない。

そのため、毎月ブラウザ版でログインしてアイテムを受け取る必要がある。
グラブルはブラウザ版やPC版との連携はさほど手間ではないのだけど、シャドバについては、届いているはずの特典を未だ受け取っていない。
ズボラにはつらいところだ。

androidユーザーには関係のない話なので安心してほしい。

1st Anniversaryキャンペーン

LinksMateはこの8月でサービス開始1周年だったようだ。いまに限り様々な特典が増えている。
特に全員に3,000LPがプレゼントされるのは嬉しい。LPとはLinksMateの支払いが可能な独自ポイントで、1LP=1円だ。
最初の手数料相当の金額なので、このタイミングで乗り換えると、メドゥーサを1,000円で受け取ることが実際に可能になる。

他にもいくつかキャンペーンがあったが、自分にとってはあまりキャッチーではなかったので紹介は省略したい。

Cygamesプレイヤーにはほんとうにオススメ

通信が早く、3大キャリアよりも安いことを考えれば、誰にでもおすすめしたいところではある。
しかし、街中でしか使用したことがないため、通信インフラの整っていない田舎などでの違いは自分はわからない。
ちょうどお盆を終えた頃に執筆しているが、帰る田舎がない自分には検証の機会はないままだった。
そのような環境にいくことがないのであれば、オススメできるし、やはり騎空士諸君にとって、半汁の定期供給ほど嬉しいものはないだろう。